【IT営業は未経験からでもOK】必要なスキルとは?

未経験からIT企業の営業は可能?

IT企業や、デジタルの世界で営業として働いてみたいと思う人は多いですが、未経験でも大丈夫?とよく質問を受けます。

結論から言うと、未経験でIT企業の「営業」になることは可能です。ただし下記のポイントは確認しておくべきです。

  • 未経験者は多いのか?
  • どんなスキルが必要なのか?
  • 資格は必要か?
  • 転職する方法は?

「大手IT企業」「ITベンチャー」「外資系IT企業」と様々なIT企業を見てきた経験から、未経験でIT業界に飛び込む方法と注意点をご紹介します。

未経験者は多い?

未経験からのIT営業は

IT業界の営業は、その多くが他の業界からの転職者です。

むしろ、新卒から働いている「生粋のIT営業」は少なく、他の業界で営業をしていた人が非常い多いと感じます。

下記の業種の出身者とはよく出会います。

・証券会社の営業
・保険会社の営業
・不動産の営業
・OA機器の営業
・人材系の営業

多くのIT企業は歴史が浅く、他業界で営業力を培った人達を即戦力として取り込みたいというニーズがあります。

つまり、IT業界未経験で問題ないが、営業経験は好まれるという事です。

・他業界からの転職者が多い
・即戦力として営業経験は歓迎される
・IT企業での経験は必須ではない

どんなスキルが必要?

前述の通りIT業界の経験は無くても良いですが、営業としてのスキルは有る方が有利です。
では、具体的にどんなスキルがあるとIT企業の営業として有利でしょうか。

ヒアリング力

IT業界で営業が売るものは、WEBサービスや、業務システム、デジタルマーケティングなど顧客ごとにカスタマイズするものが殆どです。
つまり、相手が何を求めているか、どんな課題があるかをしっかりヒアリングできる力が必要となります。
他社とのコンペになる事も多いので、適切にヒアリングができる能力があると有利です。

調整力

IT営業の仕事内容は

IT業界の営業の役割は、オーケストラで言うところの指揮者に近いと言えます。
必ずしも営業がシステム開発や、プロダクトマネジメントの能力を持っている必要はありません。
顧客の要望を捉え、関係各所を調整し最高のアウトプットを出す能力があれば有利です。

キャッチアップ力

IT業界は技術革新や、イノベーションの流れが早いので、常に情報をキャッチアップできる情報感度の高さが差別化になります。
新しいテクノロジー、新しいサービス、新技術などを完全には理解できなくても、興味をもって情報を取りに行く力は必要です。
スキルというよりはスタンスに近いかもしれません。

ロジカルシンキング

直訳すると「論理的な思考」ですが、IT商材は多くが「企業向け・無形・高額」です。
要は「形が無くて、価格が高い、モノやサービス」を企業に買って貰わなければならないのです。
つまり、顧客に対して論理的に説明できる力が無いと、感情論だけでは売りにくい商材です。
なぜこの商品を導入する必要があるのか、どんな費用対効果があるのか、などをロジカルに説明する必要が有るでしょう。

自分を語るスキル

大前提として、営業・マーケターなどの文系職は何ができるのかが分かりにくい職種です。
まずは、自分の強みを語る言語化力が求められます。
こちらについては、下記にさらに詳しくまとめています。
Digital Sales

IT業界の営業として「自分を語る」スキルの重要性を説明。転職時に分かりにくい文系職の強みの説明の仕方、役職を語る事の無意…

資格は必要?

IT業界は、前述の通り即戦力が求められます。
つまり、資格の有無は重要ではなく、営業経験の方が圧倒的に重要です。
資格についてさらに詳しくは下記にまとめています。
Digital Sales

IT業界の営業に有利な資格は?履歴書で好まれる経歴とは?新卒〜転職者までIT業界で活躍するために必要な要素をご紹介。…

転職方法は?

前述したように営業経験があれば、IT企業の営業に転職する準備はできています。
では、具体的にはどのように転職するのがおすすめでしょうか?

転職のルート

転職のルートとしては大きく4つあります。
①ヘッドハンティング
②リファラル採用(社員紹介)
③エージェント経由
④直接応募
行きたいIT企業に知り合いがいるなら、リファラル採用がおすすめです。
具体的には下記に纏めています。
Digital Sales

IT業界の営業が転職する時のおすすめ転職方法をご紹介。ヘッドハンティング、リファラル採用、エージェント経由等様々な手法か…

リファラル採用が難しければ、転職エージェント経由が最も成功率の高い選択肢です。

0円で転職を成功させる近道

営業として転職するなら、転職エージェントから最新情報を引き出せるだけ引き出した方がお得です。

転職エージェントは、企業からお金をとるビジネスモデルなので、転職希望者は完全無料でサービスを受けられます。これを使い倒さない手はありません。

有利なマーケティングスキル

営業力だけでなく、マーケティングのスキルをつけておくと、非常に有利です。
マーケティングは営業と隣接する部門で、IT企業の営業の多くはマーケティングが生み出した見込み顧客への営業です。
こちらについても詳細は下記にまとめているのでどうぞ
Digital Sales

IT企業で営業として働く時に必ず役立つ「マーケティング」のスキル。見込み顧客とは?BtoB、BtoCでの扱いとは?効果的…

デジタルマーケティングについてゼロから学びたいかたはこちらでどうぞ
Digital Sales

デジタルマーケティングについて、これまで関わりがなかった人でもわかる入門編としてご紹介。そもそもマーケティングとは?デジ…

まとめ

未経験でもIT企業の営業はおすすめです。
IT営業は転職しやすく、大幅な給料アップやキャリアアップが見込めます。
IT業界自体はこれからまだまだ盛り上がる業界です。他業界からの転職者もまだまだ増えてくるので、臆せず飛び込みましょう。
Sponsor
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IT業界で働く「営業」応援サイト

IT業界で輝く文系代表「営業」を応援するサイト「デジタルセールス」。実体験をもとにキャリア、収入、ヘッドハンティングなどの情報を余すことなくご紹介。最新情報はTwitterをチェック。