セールスエンジニア きつい

セールスエンジニアはきつい!ただし市場価値MAXの狙い目職業!

セールスエンジニアとは?

セールスエンジニア

セールスエンジニアとは、技術営業です。

顧客対応に特化した職種を営業、開発に特化した職種をエンジニアとするなら、その中間にあたるのがセールスエンジニアです。

多くの場合、営業と同行し技術的な観点から販売をサポートする技術営業を指します。

急速なIT化・デジタル化需要が後押しし、今このセールスエンジニアの市場価値が爆発的に上がっています。

そして、セールスエンジニアは営業・エンジニアの両方の役割を持つことから、高い顧客対応能力と、エンジニアに近い技術的な知識が求められます。

セールスエンジニアの将来性

セールスエンジニアの将来性

営業もできて、エンジニアもできるいいとこ取りとも言えるセールスエンジニアの将来性は非常に高いと言えます。

市場のニーズも強く、人材としても希少なセールスエンジニアは転職市場での引き合いも多く、転職で大幅な年収アップが狙える職種です。

転職市場でセールスエンジニアの価値をチェックするにはこちら

セールスエンジニアはきつい?

セールスエンジニアきつい

良いとこ取りも、裏を返せばどちらも中途半端になる可能性も秘めています。

セールスエンジニアは営業としてのスキル向上と、技術的な知識の蓄積が同時に求められます。

つまり、顧客と向きあう時間を増やしつつ、自身の勉強時間も確保する必要があるため、それなりにきつい職種だと想定しておくと良いでしょう。

何がきつい?→時間の確保

セールスエンジニアに何が「きつい」かと質問すると、多くのセールスエンジニアは時間の確保だと言います

  • 営業と訪問する時間
  • 営業訪問時の資料作成時間
  • 技術的な学習時間

肉体的、精神的にきついというよりは、やりたい事に対して時間が足りないという意見が多いようです。

セールスエンジニアの仕事と範囲

セールスエンジニアの担当範囲

セールスエンジニアが担当する領域は、大きく3つに分類されます。

  • 売る前の支援
  • 売った後の支援
  • 両方

売る前の営業を支援するセールスエンジニアは、プリセールスエンジニアと呼ばれます。

セールスエンジニアが、売る前の提案部分を担当するのか、売った後の導入支援をするのか、その両方担当するのかは企業によって異なります。

もちろん、一番業務量が多いのは、両方を担当するセールスエンジニアですので、希望する企業がプリセールスなのか、全部なのかを確認すると良いでしょう。

セールスエンジニアには数字目標がある

セールスエンジニアは、営業とエンジニアの両側面を持ちますが、数字目標を持つ場合が多いでしょう。

自身が関わった案件が、どれだけ売り上がったか、利益を上げたか、もしくは受注に至ったか等の目標が一般的です。

それに伴い、インセンティブや成果報酬が支払われる企業もありますので、給与体系についてもチェックが必須です。

技術者とも素人とも話せる言語化能力

セールスエンジニアは、エンジニアと技術的な難しい会話をすることもあれば、全くの素人である顧客に説明する事もあります。

また支援する営業担当とも密にコミュニケーションを重ねるでしょう。

つまり、高い言語化能力が求められます。

実際は、セールスエンジニアとして働く中で身につくスキルなので、検討中はそこまで気にする必要はありません。

ただし、優秀なセールスエンジニアは共通してこの言語化能力が高い傾向にあります。

セールスエンジニアは勉強も仕事

セールスエンジニアは、最新の技術知識を理解して提案に挑む必要があります。

よって、常に最新情報やテクノロジーの情報をキャッチアップし続ける必要があります。

つまり、業務時間内に勉強することも、仕事の一部として認められている場合が多いでしょう。

セミナーや勉強会への出席、資格取得、学習のための本や教材の購入が認めらている事も一般的です。

営業以外の時間は、多くの知識を蓄え勉強する事がセールスエンジニアには求められるのです。

セールスエンジニアで身につくスキル

セールスエンジニアのメリット

セールスエンジニアで身につくスキルは、営業力とエンジニアとしての知識ですが、最も大きなメリットは顧客と製品のリアルを知れる事です。

どんなテクノロジーが、実際どのような場面で、どんな要望を叶えるために使われているかの上流から下流までを知る事ができます。

技術的な背景を知らない営業と、顧客のユースケースを知らないエンジニアには無いセールスエンジニア最大の魅力です。

セールスエンジニアに向いている人

セールスエンジニアには向き不向きがあると思います。向いている人は下記2つを満たす人です。

  • 新しい事を学ぶ事が好きな人
  • 顧客と話す・聞く事が好きな人

やはり、新しい知識やテクノロジーを知る・学ぶ事が好きでないとセールスエンジニアは務まりません。

日進月歩の新しい技術を、どんどん取り入れて自身の知識をストックする必要があります。

また、顧客と会話することが苦でない事もセールスエンジニアには求められます。

会話が嫌いだと、エンジニア寄りのセールスエンジニアになってしまうので、市場価値が下がっていきます。

セールスエンジニアはきついけどチャンス

まとめると、セールスエンジニアに求められるスキルが高いので、職種としてはきついですが、その分市場価値が高く人材も不足しているので大チャンスであると言えます。

テクノロジーが好きで、人と会話するのが好きな人は、ぜひセールスエンジニアにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

0円で転職を成功させる近道

セールスエンジニアとして転職するなら、転職エージェントから最新情報を引き出せるだけ引き出した方がお得です。

転職エージェントは、企業からお金をとるビジネスモデルなので、転職希望者は完全無料でサービスを受けられます。これを使い倒さない手はありません。

Sponsor
セールスエンジニア きつい
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

『デジタル』×『販売』

Digital Sales | デジタルセールスは『デジタル』×『販売』に特化したサイトです。具体的にはデジタルを中心とした営業・マーケティング・広告等についてプロの視点で情報発信しています。