【年収アップできる】IT営業のキャリアパスは?年収1000万円超えも

IT営業とは?

IT営業

IT営業とは、ITやデジタルを主軸としたビジネスの「販売」を担う営業職を指します。

近年、IT産業の急拡大に伴い、販売サイドのIT営業の需要も右肩上がりです。

IT営業についてさらに詳しくはこちら

Digital Sales

IT営業とはどんな職業なのか。どんな仕事内容なのか、どんなスキルが必要なのか、激務なのか、給料は高いのか等、IT営業とし…

IT営業の年収アップ

IT営業の年収アップ

ITやデジタル商材を販売するIT営業ですが、年収アップには転職が欠かせません。

1社で長く働くより、転職によって年収を上げていくキャリアパスがフィットしやすい職種なのです。

なぜなら、ITに関する知識とコミュニケーション力を有したIT営業は、転職市場での人気が高く、企業からの引き合いも多い為、求職者側が有利な立場であるからです。

特に、20〜30代ならば、昇給による年収アップより転職による年収アップのほうが、時間軸で考えても効率的と言えます。

年収アップを狙うキャリアパス

IT営業として、年収アップには転職が重要である事を説明しましたが、ここからは具体的な4つのキャリアパスをご紹介します。

  1. IT営業として働く場所を変える
  2. IT営業の管理職につく
  3. ITビジネスで起業する
  4. 他の職種に転身する

それぞれ解説します。

①IT営業として働く場所を変える

働く場所

1つ目は、IT営業としてプレイヤーのまま、働くステージを変える方法です。

特に転職後年収アップが狙えるのは下記3つの企業体です。

  • 国内大手IT企業
  • 外資系IT企業
  • ベンチャー・スタートアップ

国内大手IT企業

手堅く攻めるなら、国内の大手IT企業への転職です。有名どころなら、楽天、ヤフー、サイバーエージェント、LINE、DMM、GMO等もここに含まれます。

有名企業なので、ハードルが高いように感じるかもしれませんが、新卒と比較して中途入社のハードルは低い傾向にあります。

福利厚生も充実し、自身のキャリアにも箔がつくので、その次のキャリアパスも描きやすくなる事間違いなしです。

外資系IT企業

大きく年収アップを狙うなら、外資系IT企業が最も最適な選択肢となります。

年収2000万円以上の求人も豊富で、実力重視の人におすすめです。

外資系IT企業は、母国で作ったIT商材を日本で販売する日本支社(販社)の位置づけとなる事が多く、営業会社の色が強い傾向です。

売れたら売れた分だけ、インセンティブとして給与に反映される夢のある業態です

Digital Sales

外資系IT企業の営業とはどんな仕事なのか、実例をもとにご紹介。高収入、インセンティブ、成果主義など外資系IT営業のリアル…

ベンチャー・スタートアップ

近年のベンチャー企業やスタートアップ企業の多くは、ITビジネスで起業しています。

基本給は、大手IT企業や外資系IT企業に比べると劣りますが、役員職や、ストックオプションが狙いやすく、一発逆転を狙える業態です。

また、ベンチャー・スタートアップでIT営業としての経験を積んで、次のキャリアパスとして、大手IT企業を目指す人も多く存在します。

スピード感があり、業務量も多いベンチャーでは、通常より多くの経験を早く積める事が魅力と言えます。

Digital Sales

ITベンチャー企業で働く営業の魅力をご紹介。忙しさは?給料は?キャリアアップは?実際のITベンチャー営業へのインタビュー…

②IT営業の管理職につく

マネジメント

2つ目のキャリアパスは、IT営業のプレイヤーではなくマネジメントサイドに転身する事です。

同じ会社で昇格しマネージャーになるのが一般的ですが、IT業界では外部からマネジメント人材を採用する事も一般的です。

IT業界の歴史は浅い

古くからある業界と違い、IT業界は古くても10年20年そこそこの会社ばかりです。

よって、マネジメント人材も、マネジメントされる人材も平均年齢は低く、管理職のポジションも若くから狙えます

また、会社として早く成長できるので、マネジメント人材を外部から採用する文化も浸透しています。

③ITビジネスで起業する

IT起業

IT業界で働いていると、起業する人が多い事に驚くでしょう。

起業コストが低いITビジネスは、ある程度知識があれば容易にビジネスを起こすことができます。

特に、エンジニアサイドより、営業やマーケティングサイドの人材が、周囲のエンジニアを巻き込んで起業する事が一般的です。

ITビジネスの感覚に優れている営業

IT営業は、最前線でITやデジタル商材を売る職業です。

よって、どんなIT商材が売れるか、デジタル化によってどんな価値を提供できるかなどITビジネスの嗅覚に優れた人種です。

そのような背景から、起業しても成功する人が多く、結果的に年収アップを実現しています。

④他の職種に転身する

転職

IT営業から、転職時に違う職種に転身する事で年収アップを狙う方法も存在しています。

ポイントとなるのは、IT営業の経験が掛け算式に活きるシナジーがある職種かどうかという点です。

代表的な職種をご紹介します。

マーケティング職

マーケティング職は、営業より前の工程で顧客を生み出す仕組みを作る職種です。

マーケティング職も非常に市場価値が高く、高年収の代表格とも言えます。

そんなマーケティング職は、現場での販売感覚が必要である為、営業上がりの人材が多い職種であり、経験を十分に活かす事が可能です。

Digital Sales

IT企業で営業として働く時に必ず役立つ「マーケティング」のスキル。見込み顧客とは?BtoB、BtoCでの扱いとは?効果的…

ITコンサルティング職

ITやデジタルの技術を、専門家としての立場からアドバイスするITコンサルティングも、IT営業の経験を大いに活かせる職種です

ITという、形のないものを言語化して伝える能力や、取捨選択する能力は多くの企業で求められています。

IT営業自体にコンサルティング能力が求められる現代では、最適な職種です。

Digital Sales

IT業界において「売れる営業」と「売れない営業」の違いはコンサルティングできるかどうか。物売りと言われるプロダクト営業と…

セールスエンジニア

ITコンサルティングと似た職種として、セールスエンジニア(技術営業)も狙い目と言えるでしょう。

主にIT営業と一緒に、顧客への提案や、導入後のサポートを行う職種です。

デジタル技術の知識と、コミュニケーション力に自身があるならおすすめです。

Digital Sales

セールスエンジニアは、今市場価値が爆発的に上がっている希少な職種です。ただし、営業とエンジニアの側面を持つ事から、顧客対…

インサイドセールス

他の職種と比較して、年収の増加幅は小さいですが、自由な働き方や低プレッシャーを求める方におすすめなのがインサイドセールスです。

顧客との最初の接点創出から、案件化までを担当するインサイドセールスは、IT業界のスタンダードになりつつある営業ポジションです。

Digital Sales

今注目度が急上昇している内勤営業やインサイドセールスについて徹底解説。生産性の高い内勤営業を増やして、見込み顧客を獲得、…

0円でキャリアアップ

IT営業としてキャリアアップするなら、転職エージェントを使い倒しましょう。

転職エージェントは、企業からお金を取るビジネスモデルなので求職者は完全無料で支援を受けることができます。

まずは、転職エージェントから最新の転職市場情報をゲットし、情報武装する事をおすすめします。

情報量が、転職市場で大きな差を生みます。

Sponsor
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

『デジタル』×『販売』

Digital Sales | デジタルセールスは『デジタル』×『販売』に特化したサイトです。具体的にはデジタルを中心とした営業・マーケティング・広告等についてプロの視点で情報発信しています。