デジタルマーケティングを学ぶ

今”デジタルマーケティング”を学ぶべき理由とメリットは?

今デジタルマーケティングを学ぶべき理由とは?

デジタルマーケティング職

icon-Square-2
デジタルマーケティングって聞いたことあるけど詳しくは分からない
icon-Square-2
だだのマーケティングと何が違うの?
icon-Square-2
今から勉強して意味あるのかな、、?
デジタルマーケティングについて「なんとなくスゴそう」「面白そう」「勉強してみたい」と考えている人は多く存在しますが実際にデジタルマーケターとなる人はほんの一握りです。
少しでもデジタルマーケティングについて興味を持ったなら、本腰をいれて学んでみる事をオススメしますし、十分リターンのある分野です。
そこで、今回は、今デジタルマーケティングを学ぶ理由と、そのメリットについてご紹介します。
デジタルマーケティング自体については、下記を参照してみてください
Digital Sales

デジタルマーケティングについて、これまで関わりがなかった人でもわかる入門編としてご紹介。そもそもマーケティングとは?デジ…

マーケティング=ビシネスの基礎

プラン

デジタルマーケティングに入る前に、前提としてマーケティングについて触れていきます。

世の中の全てのビジネスは、何かを売っています。

物、サービス、労働力、権利、信用など売り物は様々ですが、どのような形であれ必ず何かを売っているのです。

そこで、必要になるのがマーケティングです。

マーケティングの形は様々

大きな施策から小さな施策まで全てマーケティングです。

  • テレビCMを打つ
  • DMを送る
  • 期末セールを実施する
  • 商品レビューを集める
  • 友達経由で紹介してもらう
  • 2個買うと半額にする
  • SNSでバズらせる
  • 有名人に使ってもらう
  • HPに購入リンクを設置する

売るための施策や仕組み作りは全てマーケティングですので、あらゆるビジネスで必要とされる基礎なのです。

マーケティングを制する者はビジネスを制する

マーケティングを制する者はビジネスを制すると言っても過言では無いほど、マーケティングの効果は絶大です。

どんなに良い製品やサービスを作っても、誰も知らなければ売れません。

逆に多少製品力は劣っていても、マーケティング次第では売れます。

では、具体的には何をすればマーケティングを制する事ができるのか、それは顧客を知る事です。

売る為には顧客を知る

顧客が欲しい物を、安いと感じる価格で、買いたいタイミングに提供すれば物は売れます。

当たり前の事ですが、顧客の事を徹底的に知っていれば、後出しジャンケンの如く勝てるのです。

ただし、これは1対1なら簡単ですが、1対多では非常に難しい事です。

1対多のマーケティング

多くの人のニーズ、心理、タイミングをアナログで把握し続けるのは無理があります。

つまり、マーケティングとは顧客を知る事であり、その為の今最適な方法がデジタル技術を活用する事であるといえます。

そこで登場するのが、デジタルマーケティングです。

顧客に伝える

デジタルマーケティングは、顧客を知る事だと述べましたが、付け加えるなら顧客に伝える事も得意領域です。

つまり、デジタルマーケティングとは大きく分類すると2つの側面があります。

  1. 顧客を知る
  2. 顧客に伝える

デジタルマーケティングにおける様々な施策やスキルのほとんどは、この2つに集約されます。

デジタルマーケティングを学ぶ理由とは?

ここまでご説明した、デジタルマーケティングを学ぶ理由を階層化すると下記の図のようになります。

デジタルマーケティングを学ぶ理由

デジタルマーケティング界隈には、データ分析や、デジタル広告等の手法が乱立していますが、全てはビジネスで効率よく売上を上げる為の、現時点で最も優れた手段だからだと言えます。

つまり、デジタルマーケティングを学べば、現代において最も効率的に売上を上げる方法が学べるというわけです。

デジタルマーケティングの正しい学び方

学習

WEBマーケティングなのか、SNSマーケティングなのか、SEOが大事なのか、はたまたデータ分析に軸足を置くべきなのか等、多くの人はデジタルマーケティングを施策単位で学ぼうとします。

しかし、ここまで説明したように売って利益を上げるという大目的のために、最も効率的な手段がSEOやSNS等の施策にあたる為、SEOやSNSを学ぶ事が目的になっては施策の幅が狭まります。

テクノロジーは進化する

なぜ、このような回りくどい言い方をするかと言うと、テクノロジーは凄まじいスピードで進化するからです。

施策単位で学んでいては、そのテクノロジーが新しいテクノロジーに塗り替えられた時に残るスキルがなくなるからです。

例えば、日本のSNSといえばmixiが当初一人勝ちしていました。しかし、FacebookやTwitter、Instagram等の新勢力により完全に淘汰されました。

他にもSEOならば、かつては被リンクをたくさん生成すれば順位が上がるアルゴリズムでしたが、今は全くルールが違います。

つまり、積み上げたスキルが一瞬にして無駄になる可能性を秘めているのです。

売るためのテクノロジーの選択

テクノロジーの進化でも失われない、ほんとうの意味でのマーケティングスキルを身につけるなら、本質である売上向上や利益拡大の為に必要なテクノロジーを選択できるスキルが身につけるべきスキルです。

つまり、デジタルマーケティングを学ぶとは、売る為のテクノロジーの選択方法を学ぶと考えると良いでしょう。

デジタルマーケターの市場価値

IT営業の年収アップ

最後にデジタルマーケターの市場価値ですが、近年急速に高まっています。

前述の通り、売るために最適なテクノロジーを選択できるスキルは、現代のビジネスに欠かせません。

まさに、CMO(Chief Marketing Officer)やCTO(Chief Technology Officer)と言われる職種が重要性を増しているのと同義です。

今や、デジタルマーケターはただの役職ではなく、会社やビジネスの今後を左右する重要な人材なのです。

デジタルマーケティングは現場で学ぶ

本やセミナーでデジタルマーケティングの一部を学ぶ事はできますが、本当に価値あるスキルは場数をこなさない限り身につきません。

そのためには、実際マーケーとして現場で働き学ぶのが最短ルートです。詳しくはこちら

Digital Sales

初心者や未経験者がデジタルマーケティングを学ぶなら、まずは現場経験が最優先事項です。デジタルマーケティングやWEBマーケ…

0円でデジタルマーケティングを学ぶ

上記の通り、デジタルマーケティングは現場で学ぶのが最短です。

つまり、転職でデジタルマーケティングに関わるビジネスに触れることが重要です。

また、デジタルマーケターはスキルの特性上転職も非常に有利かつ活発なので、2〜3社程度で経験を積む事をおすすめします。

マーケター特化の転職先探しは、下記からどうぞ

まとめ

デジタルマーケターは今、売るために必要な技術を選択できる、非常に重要度の高まっているポジションです。

さらに、現時点でデジタルマーケティングに詳しい人材も、需要に対して圧倒的に不足している為チャンスが大きい為狙い目とも言えるでしょう。

ぜひこの機会に、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Sponsor
デジタルマーケティングを学ぶ
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

『デジタル』×『販売』

Digital Sales | デジタルセールスは『デジタル』×『販売』に特化したサイトです。具体的にはデジタルを中心とした営業・マーケティング・広告等についてプロの視点で情報発信しています。