ITベンダーの営業

ITベンダーの営業とは?大手ベンダーから中小まで!仕事内容をご紹介

ITベンダーとは?

そもそもベンダー(vendor)とは「売り手」を意味する英語です。

つまり、ITの売り手の総称がITベンダーと言えます。

そして、ITベンダーは業界の中で一般的に使われている用語ですが、誰かが明確に定義している言葉ではありません。

ITベンダーは何を売る?

ITベンダーの言葉の定義は広く、ITに関するソフトウェアやサービスを供給する企業の多くはITベンダーと呼ばれます。

販売するものとしては下記のような商材があげられます。

  • IT機器
  • ソフトウェア
  • システム
  • ITサービス

ITベンダーの特性

ITに関する商材を販売、供給すればITベンダーと名乗れる訳ですが、仕入れて売る、作って売る等売り方は様々です。

  • メーカー系:作って売る
  • 商社系:仕入れて売る
  • Sler系:開発して売る

IT商材を売るという点に関しては同じですが、売る商材をどのように手に入れているかは様々です。

大手ITベンダーとは?

ITベンダーには、大手から中小まで様々な企業規模が存在します。

大手ITベンダー等は、知名度も高く多くの人にとって馴染みある企業名でしょう。一部を例としてあげると

  • 日立
  • NEC
  • 富士通
  • IBM
  • NTTデータ

などなど、有名所が並びます。ただし、これらの大手ITベンダーには無数の下請けが存在しており、彼らもまたITベンダーと言えます。

ITベンダーの営業とは?

ITベンダーとは、IT商材を売る企業の事であると前述しましたが、まさにその売る最前線が営業です。

IT営業とも言われる、ITベンダーの営業も売る商材や会社の特性によって様々です。

ITを使って課題解決

IT営業は、ITやデジタル技術をつかって顧客の課題を解決に導くスペシャリストです。

顧客の課題とは、その時々で様々です。

  • 業務を効率化したい
  • 売上を上げたい
  • 人材流出を止めたい
  • もっと多くの人に知ってもらいたい
  • 組織全体でコミュニケーションを取りたい
  • 顧客の満足度を上げたい
  • 競合に追いつきたい
  • 自宅で働きたい
  • 安全に情報共有したい

企業や個人が抱える課題は、無限に存在します。

それらの課題を理解し、ITやデジタルの力でいつまでにどう解決するのかがIT営業の腕の見せどころです。

ITに詳しいだけはNG

IT営業は、ただITに詳しいだけでは成り立ちません。それなら技術者やエンジニアのほうが優れています。

IT営業の重要な仕事は、技術をメリットに変換する能力です。

世の中、ITに対して十分なリテラシーを持っている顧客ばかりではありません。

ITという難解な最新技術を、顧客がわかる言葉に変換してダイレクトにメリットを伝える事ができるIT営業は市場価値の高い存在です。

IT営業には人間力も必要

ITベンダー、特に開発系のITベンダーの営業は多大な人間力が求められます。

開発案件は、バグや日程の遅れ、当初との仕様の違いなどトラブルが日常茶飯事です。

致命的なトラブルでない限り、営業が顧客と交渉し問題になる前に事を納める事が重要です。

結果的に、トラブルを人間力で収められる営業は社内のエンジニア等からも高い信頼を得られます。

IT営業の魅力とは?

IT営業の魅力は主に下記4点です。

  • 顧客の成功に伴走できる
  • 人脈が広がる
  • 転職しやすい
  • 年収アップしやすい

それぞれ解説します。

顧客の成功に伴走できる

上述したように、IT営業は顧客の課題をITのちからで解決に導きます。

もちろん簡単なことではありませんが、顧客と議論を重ね、課題を解決した暁には大きな成功が待っています。

それほどITによる課題解決のインパクトは大きいのです。

顧客の大きな成功を生み出す事ができた時には、顧客と営業という立場を忘れてともに喜べる瞬間が訪れます。

そのような、大きなインパクトのある仕事ができる点は魅力でしょう。

人脈が広がる

IT営業は、顧客、自社、取引先、パートナーと多くの人と関わります。

様々なステークホルダーと強力して案件をすすめる事から、IT業界内の人脈が広がりやすいと言われています。

後述しますが、IT業界は転職が盛んなので、その人脈は後々次の仕事につながるような金脈となりえます。

転職しやすい

ITベンダーの営業は、非常に人材不足です。

一方ITに関する需要は、右肩上がりで増え続けています。

つまり、需要が伸びているのに人材供給が追いついていない為、IT営業は引く手あまたと言えます。

実際、転職サイト等に登録すると多数のオファーが来る事を確認できるでしょう。

また、IT業界の人脈を使えばリファラル採用(紹介制度)等を使って、有利に転職も可能です。

こちらについては下記で詳しく纏めています。

Digital Sales

IT業界の営業が転職する時のおすすめ転職方法をご紹介。ヘッドハンティング、リファラル採用、エージェント経由等様々な手法か…

年収アップしやすい

年収アップに関しては、上記の転職と連動しています。

転職しやすく、需要も多いので転職を2〜3回繰り返せば年収1000万円以上も十分に狙えます。

むしろ一つの企業で長く務めるより、2〜3回転職経験がある方がスキルの広さから好まれます。

IT営業に転職するには

最後にIT営業に転職を考えているなら、理解しておくべきポイントがいくつかあります。

IT営業に資格は必要か?

これは必要ありません。

多少有利になる資格はありますが、現場経験の方が圧倒的に必要です。

さらに詳しく知りたい方はこちらにまとめています。

Digital Sales

IT業界の営業に有利な資格は?履歴書で好まれる経歴とは?新卒〜転職者までIT業界で活躍するために必要な要素をご紹介。…

IT営業は未経験から可能か?

IT営業は未経験からの参入者も非常に多い職種です。

特に営業経験がある方は、IT業界の経験の有無を問わず大きなチャンスがあると思ってください。

上述したようにITといえど人間力が大いに必要な職種です。

Digital Sales

未経験でもIT業界で営業として活躍することはできるのか?必要なスキルや、新卒でも大丈夫かなど幅広くご紹介。…

IT営業はきつい?

IT営業はきついイメージがあるかもしれません。

結論から言うと、肉体的にも精神的にも一般的にはきつくは無い職種です。

ただし、一部条件が揃う企業はきつくなる可能性も秘めているので、注意が必要ではあります。

詳しくはこちら

Digital Sales

IT業界の営業はきつい?激務?それともキラキラ系?あまり情報が無いIT業界の営業の働き方のリアルを実体験を元に御紹介。残…

0円で転職を成功させる近道

IT営業として転職するなら、転職エージェントから最新情報を引き出せるだけ引き出した方がお得です。

転職エージェントは、企業からお金をとるビジネスモデルなので、転職希望者は完全無料でサービスを受けられます。これを使い倒さない手はありません。

まとめ

ITベンダーの営業は、今の世の中で市場価値の高い存在です。

ITベンダーと言っても様々な職種があるので、転職エージェント等でしっかり情報収取を行って挑みましょう。

職種については、下記記事もおすすめです。

Digital Sales

IT営業とは、何を売っている職業なのか、7つの職種に分類します。Sler系(エスアイアー)、ソフトウェア系、デジタルマー…

Sponsor
ITベンダーの営業
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IT業界で働く「営業」応援サイト

IT業界で輝く文系代表「営業」を応援するサイト「デジタルセールス」。実体験をもとにキャリア、収入、ヘッドハンティングなどの情報を余すことなくご紹介。最新情報はTwitterをチェック。