【資格は不要!】IT営業に求められる有利な経歴とは?

Job

IT業界の営業に資格は必要?

IT業界へ転職を考えている方や、就活生によく質問を受けます。

icon-Square
  • IT営業に資格は必要ですか?
  • 取るべき資格は何ですか?
  • 資格で給料は上がりますか?

 

回答としては、取得して損は無いけど、必須では無いというのが正直なところでしょう。

日本には資格が無いと安心できない「資格マスター」気質な人が多いですが、IT業界、特に営業職において資格は必須ではありません

転職関連のサイトや、ブログには「応用情報技術者」や「ネットワークスペシャリスト」等の資格を取りましょう!絶対に有利です!などの文言が並んでいますが、IT営業として何社も経験してきた筆者の実体験から言うと、そこに時間を掛ける必要はありません。

そんな時間があれば、すぐさま動いて経験を積む方が圧倒的に有利です。

今回は、そんなIT営業にとって、資格より求められる「経験」について解説します。

ちなみに、今回の主張はIT営業を複数社経験した私の実体験と、それらの企業の採用担当にインタビューした結果を加味しているので、よりリアルな現場の意見です。

・IT営業に興味がある人
・営業職の人
・資格を取るか悩んでいる人

IT営業と資格

冒頭で記載した通り、IT業界の営業職として働く場合必須の資格はありません

強いていうなら最低限の教養レベルとして「ITパスポート」レベルの資格は取っておいても良いかもしれません。

ITパスポートは、本当に最低限のIT知識とビジネス知識をおさらいする程度の資格です。

ただし、ITパスポートを取得しているからと言って、優遇される企業はほとんど無いと思っておくべきです。

どうしても資格が取りたければ、、

それでも資格が欲しい!という事なら「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」まで持っていたら流石に多少目に止まります。

また狙っている業種よっては、Google、SAP、オラクル、セールスフォースなどの製品特化の資格も即戦力という意味では優遇を受けるでしょう。

他にも、IT営業に限らずですがTOEIC、MBA等も勿論持っていて不利に働くことはありません。

ただし、簡単に取得できる資格ではありませんので、多くの学習時間を要します。

・資格は不要だが、高難易度資格なら多少目立つ
・即戦力をイメージできる資格なら優遇される

資格よりも有利な経歴

資格より経歴

IT業界はエンジニアも営業も慢性的な人材不足です。よって企業が欲しいのは資格ホルダーではなく即戦力つまり経験者です。

「資格を持っているだけで経験が無い人」よりは「資格が無くても実務経験がある人」の方が圧倒的に有利です。

採用で企業が欲しいのは「人」ではなく「人が生み出す成果」です。

つまり、より具体的に成果をイメージさせる事が重要です。

求められる即戦力

IT業界の営業として転職する場合、ベストは「営業の経験」と「IT業界の経験」がある人ですが、営業経験があるだけでも十分即戦力です。

IT営業の経験

新卒はポテンシャル採用

また、新卒も育成に時間がかかるので、有名IT企業への新卒入社は、かなり優秀でないとハードルが高いでしょう。
言い換えれば、企業は新卒や未経験者が生み出す成果が具体的にイメージしにくいと言えます。
実際に国内の有名IT企業などは、新卒採用の際にタフな経験がある人が採用されやすい傾向です。
実際にいた有名ITの新卒一芸!
・世界40カ国をバックパックで旅行
・宝塚歌劇団に合格
・学生起業して経営経験あり
・スポーツの日本代表.etc
つまり、即戦力ではなくポテンシャル採用です。ポテンシャル採用は、その人の過去の経験からどれだけ成果を出す可能性が高いかを見ています。

経験者のハードルは低い

対する経験者の採用ハードルは低く、即戦力になる事を証明できれば採用ハードルは大きく下がります。
実際に、大した学歴や資格が無くても有名IT企業に転職した人を大勢知っています。
即戦力になれる事の証明は「自分の強み」を語ることが大切です。詳しくはこちらに纏めています
Digital Sales

IT業界の営業として「自分を語る」スキルの重要性を説明。転職時に分かりにくい文系職の強みの説明の仕方、役職を語る事の無意…

資格なし!IT営業キャリアの組み立て方

転職と年収
  • IT業界の経験
  • 営業の経験
  • 資格
これらが無くても、IT業界は無理だと諦める必要はありません。
簡単な方法として、まずは採用ハードルの低いIT企業スタートアップ企業に転職してみることがスタートです。

転職を前提に組み立てる

ポイントとして、その会社に生涯を捧げる必要はありません。
IT業界は非常に転職がしやすい業界なので、2〜3年で転職しましょう。
それがIT業界でキャリアアップする最短ルートです。
また、職種選びも相乗効果が有る方が価値を最大化できます。詳しくはこちら
Digital Sales

高い年収を提示される人材は、すなわちレアな人材です。ただし、レアであればいいだけではなく、レアかつ市場のニーズが高い希少…

転職回数はシンプルに武器

IT業界の経歴書で、転職が多い事はほとんどマイナスになりません。むしろ様々な経験を持った人材は引く手あまたです。
3年程度働けば、ほとんどの業務は自分のスキルとして定着しますので、3年毎に転職するのがスキルも給料も上げる最善の方法です。
①実力に見合ったIT企業に転職
②2〜3年経験を積み別のIT企業に転職
③さらに2〜3年で転職
→スキルも年収も①の数倍に!
これが、IT業界で営業やマーケターがスキルアップ&給料アップする王道です。
どんな企業が今募集を強化しているかリサーチする時は、転職エージェントを使って聞き出しましょう。

0円で転職を成功させる近道

営業として転職するなら、転職エージェントから最新情報を引き出せるだけ引き出した方がお得です。

転職エージェントは、企業からお金をとるビジネスモデルなので、転職希望者は完全無料でサービスを受けられます。これを使い倒さない手はありません。

まとめ

IT業界の営業に必要なのは、資格ではなくまず動くという行動力です。
現場経験を積んで、どんどん転職すれば、右肩上がりに年収アップも可能です。
資格の勉強の前に、キャリアプランをたてる事をオススメします。
IT営業が学ぶべきスキルとして資格よりおすすめなのはマーケティング。詳細はこちらにまとめています
Digital Sales

IT企業で営業として働く時に必ず役立つ「マーケティング」のスキル。見込み顧客とは?BtoB、BtoCでの扱いとは?効果的…

Sponsor
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IT業界で働く「営業」応援サイト

IT業界で輝く文系代表「営業」を応援するサイト「デジタルセールス」。実体験をもとにキャリア、収入、ヘッドハンティングなどの情報を余すことなくご紹介。最新情報はTwitterをチェック。