【文系必見】IT業界で文系が活躍できる職種3選!営業-マーケティング-経営

Job

IT業界で活躍する文系とは?

IT業界と聞くと、馴染みが薄い人からすると、エンジニアやプログラマーのイメージが先行しがちですが、実は文系の方が多く存在します。

「IT業界で働きたいけど、理系じゃないからな」などと諦める必要は一切ありません。

むしろ、IT業界で大きく活躍し稼いでいるのはビジネス職の人達です。

バックオフィス(経理・法務など)を除くと、IT業界での職種は大きく3つに分類できます。

  • 経営サイド
  • ビジネスサイド
  • エンジニアサイド

文系の人が主に活躍しているのはこのビジネスサイド・経営サイドである事が多いでしょう。

もちろん文系の優秀なエンジニアや、理系の営業も居ますが、少数派となります。

今回は、そんなIT業界で活躍できる文系職をご紹介します。

各領域の職種

先程あげた3つの領域における、代表的な職種の例をあげると、下記のようになります。

経営サイド

CEOやCTO、CMOなどの経営サイドの職業は、比較的文系、理系問わずの職種です。

特にITベンチャーなどは、社長がサービス立ち上げから関わっている為、エンジニア兼営業として立ち上げている場合も多くあるでしょう。

より深く自社、市場、競合を理解し、広い視野で会社を成長させる役割を担います。

エンジニアサイド

データサイエンティストやプログラマー等エンジニアサイドの職種は、やはり理系出身者が多いでしょう。

コンピューターサイエンス等を専攻していた人も多く存在します。

ただし、上流工程のエンジニアほどコミューニケーション力が求められるので、文系職でも狙えるポジションはあるでしょう。

ビジネスサイド

文系が狙うのは、主にこの「ビジネスサイド」の職種となります。

代表的な職種でいうと、営業、マーケティング、コンサルタント、企画関係、エバンジェリスト等でしょう。

このビジネスサイドこそ、文系が最も活躍しやすい職種です。ビジネスサイドの各職種についてもう少し詳細を説明します。

営業×文系

IT業界の営業は、まさに文系が最も成果を出しやすい職種です。

社内を調整し、顧客にとって最高のアウトプットを出す営業は、調整力とコミューニケーション力が求められます。

また、営業経験があればIT業界出身では無くても転職可能なので、比較的チャレンジしやすいとも言えます。

ITの営業に関しては下記により細かくまとめています

Digital Sales

IT営業とはどんな職業なのか。どんな仕事内容なのか、どんなスキルが必要なのか、激務なのか、給料は高いのか等、IT営業とし…

マーケティング

IT企業におけるマーケティング職も、文系が活躍できる職種です。

例えば下記のような、ビジネスを大きく捉える力と、個人の感情を想像する力のマクロ、ミクロの視点が必要です。

  • 市場の理解
  • ビジネス理解
  • 利益構造の計画
  • ペルソナ
  • クリエイティブ

昨今はデジタルマーケティングにより、数字を扱うマーケティングが主流ですが、根本的なマーケティングはニーズに応えて利益を得る事です。

非常に文系的な想像力が活かせる職種でしょう。

とは言え、デジタルマーケティングを理解しないと昨今の市場では生き残れないので、馴染みのない方は下記をどうぞ。

Digital Sales

デジタルマーケティングについて、これまで関わりがなかった人でもわかる入門編としてご紹介。そもそもマーケティングとは?デジ…

コンサルタント

コンサルタントの定義は、企業によって違うので一概には言い難いですが、こちらも文系が活躍出来る職種です。

概念としては、ある領域のプロフェッショナルとして助言をする人材といえます。

ここで言うコンサルタントは、必ずしもアクセンチュアやボストンコンサルティング、デロイトトーマツ等の戦略コンサルティングだけを指す訳ではありません。

自社のITサービスや製品を使いプロフェッショナルとして、顧客の課題解決に向き合う人となります。

営業と一緒に動くプリセールスも、コンサルタントと非常に近いでしょう。

文系の採用枠は多い?少ない?

前提としてIT業界は人材不足が慢性的に続いています。

それはエンジニアに特化した話ではなく、ビジネス職も同じです。

作ったものを売らなければビジネスは成り立たないので、ビジネス職の求人は非常に多いです。

営業職の求人が多い

やはり、売上をあげるには、営業の頭数が必要なので、圧倒的に求人が多いのは営業職です。

マーケティングは少数精鋭チームが多く、コンサルタントはプロフェッショナルなので大量募集はしません

IT業界の営業の転職については、下記に詳しくまとめています

Digital Sales

IT業界の営業が転職する時のおすすめ転職方法をご紹介。ヘッドハンティング、リファラル採用、エージェント経由等様々な手法か…

まとめ

先入観からIT業界にチャレンジしない文系出身者が多くいますが、非常に勿体なく感じます。

IT業界は、需要も多く、変化も早いので、年収アップ、キャリアアップが狙いやすい業界です。

実際に文系出身の著者がIT業界で20代年収1000万円を達成することができたのが証拠です。

是非興味があれば、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Digital Sales

20代で年収1,000万円を突破するためのノウハウを、実際の事例をもとにご紹介。転職市場での年収アップの方法、年収を上げ…

Sponsor
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IT業界で働く「営業」応援サイト

IT業界で輝く文系代表「営業」を応援するサイト「デジタルセールス」。実体験をもとにキャリア、収入、ヘッドハンティングなどの情報を余すことなくご紹介。最新情報はTwitterをチェック。