デジタルマーケティング・WEBマーケティングの転職に【資格】は必要?

マーケティング職に資格は必要?

デジタルマーケティング・WEBマーケティングといったマーケティング職に資格は必要なのでしょうか。

結論から言うと「取得して損する事は無いが、無くて困る事も無い」といったレベルでしょう。

もう少し簡単に言うと「資格は必須ではない」という事です。

今回は、デジタルマーケティング関連の大手企業を2社経験した筆者目線で、資格やスキルのリアルな必要性についてご紹介します。

デジタル・WEBマーケティングとは?

前提として「デジタルマーケティング」や「WEBマーケティング」の位置付けを整理しましょう。

デジタルマーケティングとは

マーケティングという活動の中で、デジタルやWEB技術を活用して行う活動が、デジタルマーケティングもしくはWEBマーケティングと定義されています。

もう少し解像度を上げるために、代表的な手法に落とすと下記の図のようになります。

デジタルマーケティングとは具体

このように、マーケティング手法には様々な手法があり、それらを複合的に組み合わせるのが一般的です。

資格が必須ではない理由

冒頭で資格の必要性に「資格は必須ではない」と記載しましたが、その理由は大きく2つあります。

  1. 資格の範囲が部分的
  2. 実務経験が最も重要

それぞれ詳しく解説します。

資格の範囲が部分的

デジタルマーケティングとWEBマーケティングの違いで記載した通り、マーケティングの手法は多岐にわたります。

それらを包括的にカバーできる資格はありません。

例えば、代表的な資格である「Google広告認定資格」を取得したとしても、それはマーケティング活動のほんの一部です

マーケティング
 →デジタルマーケティング
  →WEB広告
   →Google広告

つまり、資格により部分的なカバーは出来るが、マーケティング活動全体を学ぶことはできないという事です。

手法は増え・変わり続ける

デジタルやIT技術の進歩は目まぐるしく、その手法は増え続け、中身も変わり続けます

パッと思いつく手法をあげてみましょう。

  • SNS
  • MA
  • サイネージ
  • モバイル
  • IoT
  • CRM
  • AR・VR・MR
  • DMP・CDP
  • POS
  • Beacon
  • QR
  • E-mail
  • WEBマーケティング
  • SEO
  • WEBサイト
  • WEB広告
  • オウンドメディア
  • LPO
  • EC

今あげた手法だけでも、一つひとつ資格を取得していたら、いつまで経っても終わりはありません。

また技術は進歩するので、3年前のSNSと今のSNSでは、その中身は大きく異なります。

・資格の範囲は部分的
・手法は増え・変化し続ける

実務経験が最も重要

デジタルマーケティング・WEBマーケティングにおいて最も必要な事は何かと聞かれれば、PDCAであると答えるでしょう。

PDCAとは

PDCAサイクル
PDCA自体は一般的な用語で、計画・実行・評価・改善のサイクルを指します。
つまり、計画を立てて、実行した結果どうだったかを踏まえて、改善し、また実行という当たり前の事です。

机上の空論は不要

デジタルマーケティングやWEBマーケティングの領域で、一番使えないのが机上の空論です。
まさにマーケティングにおいて資格や本、セミナーは机上の空論になりやすいインプットであり、注意が必要です。
逆に、実務経験を通してPDCAを回してきた経験には、どんな資格をも上回る価値があります。

マーケティングの「正解」は千差万別

PDCAが重要な理由として、マーケティングの正解は1000社あれば1000通りあるという点があります。
つまり、これをやれば間違いなく正解というものが無いので、PDCAを回しながら改善できるスキルが重要となるのです。
これは資格では証明できません。
現場経験の必要性については、さらに詳しく下記にまとめています
Digital Sales

初心者や未経験者がデジタルマーケティングを学ぶなら、まずは現場経験が最優先事項です。デジタルマーケティングやWEBマーケ…

・PDCAが最も重要
・机上の空論は役に立たない

学ぶなら現場を優先すべき

デジタルマーケティング
ここまでの内容を改めてまとめると
  • 資格の範囲は部分的
  • マーケティング手法は多岐に渡る
  • PDCAを回し改善するスキルが必要

つまり、資格の勉強より早めに「現場」で経験を積む方が重要と言えるでしょう。

転職市場での価値が高い

デジタルマーケティング・WEBマーケティングに強い人材は、転職市場での価値も高い傾向です。

何故なら、市場のニーズは増えているのに、詳しい人材が少ないからです。

おすすめとしては、デジタルマーケティングを学びながら2〜3社転職してみる事です。

市場価値が高いので、多くの場合転職によって年収は上がります。

年収もあげながら、より実用性の高いマーケティングを学べるでしょう。

転職方法

おすすめの転職方法は、マーケティング特化型のエージェントを活用することです。

転職エージェントは企業からお金を取るビジネスモデルなので、転職希望者は完全無料でサービスを受けることができます。

これを使い倒さない手はありません。

マーケティング特化型エージェントはこちら

まとめ

資格より、現場で学ぶ時間を多く確保するほうが、圧倒的に有意義だと言うことが、実際の経験を通して学んだ事です。

市場価値が高い今のうちに、多くの現場経験を積む事をおすすめします。

Sponsor
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IT業界で働く「営業」応援サイト

IT業界で輝く文系代表「営業」を応援するサイト「デジタルセールス」。実体験をもとにキャリア、収入、ヘッドハンティングなどの情報を余すことなくご紹介。最新情報はTwitterをチェック。