CTVR

【CTVRとは?】CTVRの計算式から改善方法まで徹底解説

CTVRとは?

CTVRとは、デジタル広告を運用する際に利用する指標の一つです。

CTVR:インプレッション(広告表示)に対して、どれだけ成果をあげる事ができたか

CTVRの計算式は?

CTVRの計算式は以下となります。

CTR×CVR=CTVR

CTRとはクリック率、CVRとはコンバージョン率を表しますので、CTVRを図示すると以下となります。

CTVR計算式

例題

例題として、広告を2,000回表示してクリック率(CTR)が3%、コンバージョン率(CVR)が5%だとします。

その場合は下記のように、CTVRは0.15%となります。

CTVR

CTVRが0.15%という事は、広告を表示した人の0.15%がコンバージョンしたとも言えます。

つまりCTVRを使って、表示からコンバージョンを計算式にすることも可能です。

広告表示回数×CTVR=コンバージョン数

CTVRを改善する方法

デジタル広告の運用において、CTVRの改善は最も重要な施策と言っても過言ではありません。

CTVRを改善するには、計算式からもわかるようにCTRかCVRを改善する必要があります。

  • CTR:クリック率をあげる
  • CVR:コンバージョン率をあげる

ここからは、CTRとCVRの改善方法を解説します。

※広告指標全般の計算式についてはコチラ↓を参照

Digital Sales

デジタル広告の運用に必要な指標である、CTR、CVR、CPM、ROAS、ROI、RRなどの指標の計算式を一覧化。それぞれ…

CTRを改善する

クリック率(CTRを)を改善する為に必要な施策は下記2点

  • クリックされやすいクリエイティブを作成する
  • クリックされやすい配信面に広告を出す

※CTRの計算式

CTR=クリック数÷インプレッション×100

クリックされやすいクリエイティブを作る

クリエイティブとは、広告に使用する画像・動画・テキスト等を総称した言葉です。

ユーザー目線に立って、どんな広告であればクリックするかを想定してクリエイティブを作成する事が前提となります。

また、複数のクリエイティブを同時に配信し、よりクリックされやすい(CTRが高い)クリエイティブをテストするのも一般的な手法です。

このテストを繰り返す事により、CTRの高いクリエイティブの傾向がつかめるようになります。

CTRテスト

クリックされやすい配信面に広告を出す

デジタル広告を配信する配信面も、世の中には多数あり属性も違います。

例えば、Instagramを見ている人とYahoo!を見ている人では属性が違います。

更に、Instagramを見ている人の中でも犬が好きな人もいれば、車が好きな人もいます。

犬が好きな人に、犬のクリエイティブを出せばCTRが向上するのはイメージできるでしょう。

配信面

つまり、適切なクリエイティブを適切な配信面に掲載する事がCTR向上に繋がります。

CVRを改善する

もう一方のレバーであるCVRを改善する方法は下記3つです。

  • クリエイティブの誤解を無くす
  • ランディングページを改善する
  • 配信先を変える
  • 配信日時を変える

※CVRの計算式

CVR=コンバーション÷クリック数×100

クリエイティブの誤解を無くす

CVRとは、広告から遷移した先のページでアクションを起こす率を指します。

つまり、クリックした広告と、飛んだ先のページが期待したものと違うとユーザーは離脱します。

CVRを上げる

つまりは、クリック率を上げる為だけにクリエイティブを作るのではなく、遷移先ページで得られる情報を正しく訴求する事が重要となります。

ここでもし犬に関するコンテンツを用意していれば、何かしらのアクションを起こしたかもしれません。

ランディングページを改善する

広告をクリックして、ランディングページやWEBサイトに来たユーザーがアクションを行って初めてコンバージョンが生まれます。

代表的なアクションとしては下記のようなコンバージョンがあるでしょう

  • ECで購入
  • 資料請求
  • アプリインストール
  • 会員登録
  • サービス申し込み

これらのアクションをユーザーに起こしてもらうには、ランディングページ内でユーザーが迷わないように誘導してあげる必要があります。

ランディングページ最適化

具体的には、アクションボタンを分かりやすく配置したり、ユーザーの不安を取り除くコンテンツを用意したり様々です。

これらランディングページを改善する事をLPO(ランディングページ最適化)と言います。

LPO(ランディングページ最適化)には、ユーザーがどこで離脱したか等のデータを取得し改善点を見つける方法や、複数のページを用意してよりCVRが高いページを特定する方法が一般的です。

配信先を変える

配信先によって、そもそもCVRが低いメディアが存在します。

例えば、YouTubeに広告を出したとして、出てきた広告をクリックしコンバージョンに至るでしょうか?

多くの人は、5秒のスキップ時間を待つ為に広告を閲覧しますが、アクションを起こしません。

このように、アクションに落ちやすいメディアかどうか、ユーザーの広告接触場面を想像してメディアを選定する事もCVR改善には重要な要素です。

配信日時を変える

広告で訴求する商材によっては、配信日時を変える事もCVR改善に繋がります。

例えば、ゲームアプリの広告を出すなら、お盆や年末年始、ゴールデンウィーク等、人の余暇が増えるタイミングに広告を出すとCVRが向上します。

また、季節性のある製品の場合も同様に、季節とマッチしたタイミングで広告を出すとCVR向上が見込めます。

例えば、真夏に鍋の広告を打ってもCVRは上がりませんが冬なら確実に改善します。就活の時期に新卒採用の広告を出せば、CVRも上がります。

このように、ユーザーの意向が高まっている配信日時を想定する事も重要です。

デジタル広告は設計が重要

CTVRを改善する事が、デジタル広告運用において非常に重要であることは間違いありません。

しかし、もっと本質的には「誰をターゲットにして、何を訴求するか」等の設計はより重要です。

設計がうまく出来ていれば、CTVRは自然と改善します。

デジタル広告の正しい始め方については、下記にまとめています

Digital Sales

デジタル広告を始める為に必須の5つのステップを完全無料で公開。決めるべきは広告のゴール、顧客、訴求、媒体、計測の5つです…

デジタル広告、インターネット広告自体については、下記にまとめています

Digital Sales

インターネット広告(デジタル広告)を学ぶポイント3点を徹底解説。リスティング広告、SNS広告、YouTube広告などをタ…

デジタルマーケティングを仕事にする

日本におけるデジタルマーケティングは、デジタル広告に良くも悪くも偏っています。

つまり、デジタル広告が分かる人材の価値は年々高まっています。

そして、デジタル広告の運用やマーケティング経験は1社ではなく2社3社とキャリアに厚みがある方が好まれる傾向です。

なぜなら、デジタル広告の成功の再現性が高い人材だからです。

さらなるステップアップや、マーケティングキャリアに厚みを持たせたい人は、マーケティング特化型エージェントからの情報収集をオススメします。

Sponsor
CTVR
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IT業界で働く「営業」応援サイト

IT業界で輝く文系代表「営業」を応援するサイト「デジタルセールス」。実体験をもとにキャリア、収入、ヘッドハンティングなどの情報を余すことなくご紹介。最新情報はTwitterをチェック。