【デジタルマーケティング職の年収】高年収?どんな仕事?転職は?

デジタルマーケティングに関わる職種の年収は?

デジタルマーケティングの年収

世の中のデジタル化が進み、マーケティング活動もより一層デジタル化が加速しています。

そんなデジタルマーケティングに関わる需要が増える一方、デジタルマーケティングに詳しい人材は比較的少ないのが現状です。

つまり、ニーズがあるのに人材が不足している為、年収も高い職種です。

デジタルマーケティングができる人を紹介してくれと、私も何度相談を受けたか数え切れません。

経験や務める企業によりますが、年収1,000万円超えのオファーも多数存在する職種であり、チャレンジする価値は十分にあります。

・ニーズがあるのに人材が不足
・年収は比較的高め

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは、大きくはマーケティング活動の一部です。

下記の図をイメージすると理解しやすいでしょう。

デジタルマーケティングとは

ホームページやWEBサイトを使ったWEBマーケティングをイメージする人も多いですが、デジタルマーケティングのカバー領域はもう少し広く、具体的な手法ベースで例を上げるなら、下記のような図となります。

デジタルマーケティングとは具体

※全網羅ではなくあくまで手法の例をあげています。

つまり、WEBも含めあらゆるデジタル技術を使って、マーケティング活動を行う事がデジタルマーケティングと言えます。

よって、様々な新しい技術やイノベーションには非常に敏感である必要があります。

・マーケティング活動の一部
・デジタルマーケティングの手法は様々
・新しい技術やイノベーションに敏感

デジタルマーケティングにかかわる仕事とは?

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングは、あくまでマーケティングの手法なのでベースはマーケターという職種になります。

マーケターのミッションは顧客のニーズを満たして利益を得ることであり、経営に近い非常にやりがい溢れる仕事です。

デジタルマーケター

マーケティング部門

マーケターの中でも、デジタルによるマーケティングを専門とする人達をデジタルマーケターと呼ぶこともあります。

大きな企業だとマーケティング部の中でも、オフライン部隊とデジタル部隊が別れている事もあり、さらに担当領域によって細分化されている組織も存在します。

それほど、奥が深くデジタルに特化した専門的な職種となるのです。

・デジタルに特化したマーケター
・専門的な職種

仕事内容は?

デジタルマーケティングの仕事内容

デジタルマーケターの仕事内容は多岐に渡ります。

どのような顧客がどのようなニーズを持っているかの調査に始まり、仮設構築、施策実行、データ分析とやることは企業によって様々です。

ここからは、例を交えた方が分かりやすいので下記を例として、具体的な仕事をイメージしてみましょう。

あなたは「ファッションブランド」のマーケターで、ミッションはデジタルを使ってマーケティングを加速させる事

調査

まずはターゲットとなる顧客が、今どんな事に興味を持っているかを調査する為に何ができるでしょうか?
  • SNSでトレンドを収集する
  • 競合サイトのデータを収集する
  • 来店した顧客にアプリをダウンロードして貰う
  • アプリで顧客の個人情報を集める
  • 顧客の購買情報を取得する

分析

調査で集めた情報も、集めるだけでは意味がありません。

そこから次のアクションを決めるために、収集したデータをあらゆる角度で分析する必要があります。

  • 季節によるトレンド
  • 年齢によるトレンド
  • 居住地によるトレンド
  • 色や形によるトレンド
  • 購買回数によるトレンド
  • 来店回数によるトレンド
  • CM等外部要因のトレンド

計測と分析ができることがデジタルの大きな強みでもあります。

仮設→施策実行

デジタルを駆使して取得したデータを元に分析し、傾向がつかめたら、いよいよ仮設を考えます。

その仮設を元に、デジタルの利点を活かした施策を実行していきます。

  • 来店回数が2回以上の人にはクーポンを出しす
  • クーポンは過去の購買に基づいて出し分ける
  • YouTubeでメイク動画を見ている人にブランド動画を出す
  • 若年向けインスタグラマーとタイアップしてPR
  • LINEを使って毎週セール情報を通知する
  • QRコードをDMで配ってみる

チャレンジ要素の強い施策の場合は、期間と予算を決めてテストマーケティングを行うのも一般的です。

特にデジタルを使った施策は、小さく始めやすいので、細かく何度もテストマーケティングを行う事も可能です。

また分析

企画を実行したら、今度はその実行結果をさらに分析します。

そして、そこで得た成功、失敗のノウハウを元に、次の企画にメスを入れていきます。いわゆるPDCAです。

PDCAサイクル

これはほんの一例ですが、このようにデジタルマーケティングに関わる具体的な業務内容は、売るモノやサービスによって大きく異なります。

・調査→分析までPDCAが重要
・売るモノやサービスによって大きく異る

年収を上げるには?

年収アップ

デジタルマーケティング界隈の年収が高いとはいえ、全くの未経験者の場合、いきなり年収1000万円を狙う等は難しいでしょう。

デジタルマーケティング自体は、現場で学んだ経験値が非常に重要になります。

現場経験の重要性については、こちらにまとめています。

Digital Sales

初心者や未経験者がデジタルマーケティングを学ぶなら、まずは現場経験が最優先事項です。デジタルマーケティングやWEBマーケ…

経験社数を増やす

年収を上げる手っ取り早い方法は、デジタルマーケティングを何社かで実務として経験する事です。

つまり、転職をベースにキャリアを構築する事です。

デジタルマーケティングは、売るモノやサービスによって様々な手法がある為、1社より2社、2社より3社経験している方が貴重な人材です。

転職を繰り返すごとに年収も確実にアップできます。

マーケターの転職は特化型エージェントから情報収集するのが、無料かつ効率的です。

デジタル広告を学ぶ

良くも悪くも、日本のデジタルマーケティング市場はデジタル広告に偏っています。

つまり、デジタル広告の知識や運用がある人は重宝されやすいと言えます。

デジタル広告についてはこちらを参照

Digital Sales

インターネット広告(デジタル広告)を学ぶポイント3点を徹底解説。リスティング広告、SNS広告、YouTube広告などをタ…

デジタル広告の始め方はこちらを参照

Digital Sales

デジタル広告を始める為に必須の5つのステップを完全無料で公開。決めるべきは広告のゴール、顧客、訴求、媒体、計測の5つです…

転職先は?

転職と年収

デジタルマーケティング関連の求人は大きく分けて2つです。

  1. 事業主サイド
  2. 企業支援サイド

①事業主サイド

事業を行っている企業、例えばコーラを売っている企業、服を売っている企業、不動産の仲介業など一般的なモノやサービスを提供する会社の事です。

事業主の、マーケティング部門に転職するのが1つ目の方法です。

②企業支援サイド

対する企業支援サイドは、いわゆるデジタルマーケティングを武器に他社の企業を助けるマーケティングコンサル業や広告代理店です。

様々な事業主サイドの企業に対して、ノウハウを提供したり、指導したり、実務を巻き取ったりする仕事です。

全くの初心者なら、経験値をより多く積める②起業支援サイドがおすすめです。

転職方法は?

デジタルマーケティング関連の転職なら、マーケティング特化型のエージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントは、企業からお金を取るビジネスモデルなので、転職希望者は完全無料で利用できます。

これを使い倒さない手はありません。

マーケティング特化型のエージェントはこちら

デジタルマーケターに向いている人

上記のように、データの収集から施策、分析までデジタルマーケターに求められるスキルは様々です。
ただし、スキルは現場で学ぶ中でついてくるものなので、どのようなマインドを持っているかが重要となります。
これまで出会った中で優秀なデジタルマーケターの特徴をまとめてみます。

走りながら考えるタイプ

細かく事前調査し、万全の状態で仮設を試す事も大切ですが、デジタル技術は凄まじい勢いで変化しています。
どちらかと言うと、施策を試しながら改善を繰り返せる「走りながら考えるタイプ」が向いているでしょう。

変化を恐れないタイプ

デジタルマーケターは変化を恐れない事も重要です。
一度良いと思った手法や、施策にすがってやり方を固定してしまうと、走りながら考えるタイプの競合に抜き去られてしまいます。
競合もPDCAを繰り返しながら改善しているので、立ち止まるとどんどん離されてしまう業界です。

まとめ

デジタルマーケティングに関する仕事は、新しい技術をつかって、顧客の心を動かす非常に魅力的な仕事です。

転職市場での価値も高いので、高年収も狙いやすくおすすめできる仕事でしょう。

Sponsor
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IT業界で働く「営業」応援サイト

IT業界で輝く文系代表「営業」を応援するサイト「デジタルセールス」。実体験をもとにキャリア、収入、ヘッドハンティングなどの情報を余すことなくご紹介。最新情報はTwitterをチェック。