【誰でもレア人材になれる?】シナジー(相乗効果)を使った転職法!!

Job

転職で得られるもの

今や転職が当たり前となりつつある日本の働き方ですが「前向きな転職」に求められるのは下記のようなポイントでしょう。

  • 年収アップ
  • キャリアアップ
  • 新しい人脈
  • 自己成長

ところが、転職に失敗して今よりもひどい状況になる人もいます。

  • 年収ダウン
  • 役職はゼロからやり直し
  • 前職と殆ど仕事が変わらない

このような転職の失敗をしない為に大切な考え方として、シナジー(相乗効果)があるかというポイントがあります。

今回はシナジーを最大化して、年収もキャリアもアップさせる最短ルートについてご紹介します。

具体的年収&キャリアアップについてはこちら

Digital Sales

20代で年収1,000万円を突破するためのノウハウを、実際の事例をもとにご紹介。転職市場での年収アップの方法、年収を上げ…

シナジー(相乗効果)とは

シナジーという言葉自体は、よく企業が新規事業を始める時や、M&Aで買収する時によく使われます。

いわゆる、事業と事業の相乗効果の事です。

例えばコンビニが設置し始めたATM等は分かりやすいでしょう。

コンビニ事業と、ATM事業の相乗効果は何でしょうか?

コンビニとしては、ATMでお金を下ろすという目的で足を運ぶ人を誘い込めます。

対してATMサイドとしては、ATMの設置場所、警備体制にかかる費用を浮かせつつ、全国にATMを配置できる、なおかつ人の出入りも期待できます。

つまり、コンビニという小売業が、ATMという金融業を始める事には、多大なシナジー(相乗効果)があるのです。

転職においてもシナジーが重要

このシナジーですが、企業における事業だけの話ではありません。

転職においても、このシナジーを踏まえて転職できるかで、あなたがレア人材になれるかどうかは決まります。

同じ仕事を選ぶリスク

例えば、トヨタの車を売る営業職の人が、日産の車の営業に転職しても、雇用主が変わっただけで、個人のやることは変わりません。

ここで給料を上げようと考えたら、全国誰よりも圧倒的に車を売れる営業になるしかありません。

逆にそうなるまではレア人材では無いでしょう。

これは一つの事を極める作業なので、非常に時間がかかる、かつライバルの多い選択です。

もちろんイチロー級に物事を極められる人なら問題ありません。

相乗効果のある仕事を選ぶメリット

先程の例で、例えばトヨタの車を売る営業が、メーカーのマーケティング職に転職したらどうでしょう?

「営業」は顧客に最も近いところにいて、顧客や売り方をよく知っています。

対して「マーケティング」は見込み顧客を営業にパスするまでが担当領域です。

ここで営業とマーケティングのスキルをかけ合わせます

すると、見込み顧客を連れてきて、顧客に買ってもらうまでの一連のフローすべてを把握した「貴重な人材(レア人材)」になれるのです。

レア人材になる条件

上記で記載した貴重な人材になるには、条件が2つあります。

  1. 同じスキルを持った人が少ない
  2. そのスキルに需要がある

先程の例で言うと、マーケティングから営業までを知っている人が少なくて、なおかつそういった人材を企業が欲しているかどうかです。

この2つが揃った時に、企業はその人が欲しいというマインドになります。

そうなれば、主導権が転職者側に移るので「年収交渉」「キャリア交渉」が圧倒的に有利になります。

ちなみに、今どんなスキルに需要があるかは都度変わるので転職エージェントから聞き出しましょう。

転職エージェントは企業側からお金を取るビジネスモデルなので、転職者側の利用は完全無料です。

無料で転職を全力サポートしてくれるのですから、これを使い倒さない理由はありません。

幅広くリサーチするなら大手を選べば問題ありません。

今と違う事をやれば良い訳ではない

勘のいい人はもう気づいていると思いますが、単に今と違うことをやれば良い訳ではありません。

あくまで、シナジー(相乗効果)があるかがポイントになります。

例えば先程の自動車の営業が、ピアニストに転職したとしましょう。

①の同じスキルを持った人は少ないかもしれません、しかし②のそのスキルに需要があるかでいうと、おそらく無いでしょう。

つまり、だたの珍しい経歴の人になります。

珍しい経歴だけでは、高い給料を払う価値に相当しません。

転職で貴重な人材になる方法

転職は貴重な人材になれるチャンスです。そしてできれば2回以上の転職をおすすめします。

まずは3年勤務

一つの仕事を3年続ければ、学習量としては6000時間に相当します。

日本人が英語を習得するのに必要な学習時間は、約3000時間と言われています。

つまり、その倍の学習量を3年の勤務で確保できるのです。

シナジーの有る業種に転職

まずは3年で身につけたスキルと相乗効果のある業種に転職します。

もちろんそこでも3年勤務しスキルを高めます。

この時点で、すでに貴重な人材となっているので、次の転職に進みます。

次の転職時には、貴重な人材、つまり自分がレアカードなので、有利に交渉できます。

これが、シナジーを最大化して、年収もキャリアもアップさせる最短ルートです。

まとめ

自分の市場価値は、転職してみないと分かりにくいものです。

いざ転職しようとエージェントに掛け合ったら、あまりいい仕事が無い場合、それはまだレアカードになれていないから。

無作為に転職するのではなく、シナジーがあるかを一度考えてみてはいかがでしょうか。

具体的な転職方法についてはこちら

Digital Sales

IT業界の営業が転職する時のおすすめ転職方法をご紹介。ヘッドハンティング、リファラル採用、エージェント経由等様々な手法か…

Sponsor
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IT業界で働く「営業」応援サイト

IT業界で輝く文系代表「営業」を応援するサイト「デジタルセールス」。実体験をもとにキャリア、収入、ヘッドハンティングなどの情報を余すことなくご紹介。最新情報はTwitterをチェック。