営業職なら「IT業界」1択!将来性抜群のIT営業を推す理由

IT業界への転職・就職

世の中が急速にデジタル化していく中で、IT業界人材の需要も急激に高まっています。

転職や就職活動で、そんなIT業界を目指す方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなIT業界を目指す初心者が「営業」から始めるべき大きな2つのメリットをご紹介します。

結論から言うと、どこに世の中のニーズがあるかの見極めと、人脈が形成できるからに他なりません。

ニーズの見極めができる

営業は、言うまでもなく物やサービスを売ることが仕事です。

売るためには、どこにニーズがあるかを正しく理解する必要があります。

そのような現場のニーズをいち早く集めることが出来るのが営業の強みであり、IT業界の営業も同様です。

例えば、ほんの一例をあげると

  • 金融・保険業は、セキュリティ投資に熱心だ
  • 中小製造業は、自動化、省人化がウケやすい
  • 人材・不動産等はデジタル広告経由が有効
  • WEB系ベンチャーは〇〇の開発言語を好む

これは、例ですがこのように、ITと一言に言っても領域が広いので、まずは営業として世の中のどこにニーズがあるか広く知ることが重要です。

理系でも営業はおすすめ

営業と聞くと文系のイメージがありますが、例えば、プログラマーやエンジニアを希望している理系にも営業職はおすすめです。

なぜなら、世の中にどんなニーズがあるか把握した上で、身につけるスキルを選択できるからです。

IT業界のエンジニアスキルも細分化すると、数え切れない種類があります。

世の中にニーズが無いスキルを一生懸命勉強していたと、後で気づく事ほど不幸な事はありません。

実際2〜3年営業を経験した方が優秀なエンジニアは多い傾向です。

ずっと営業でいる必要は無い

これだと思うIT領域を見つけたら、営業からジョブチェンジしても全く問題ありません。

営業で身につけた「コミューニケーション力」はどの職種でも役立つ資産となります。

人脈形成ができる

営業は社内だけではなく、社外やパートナー企業とのやり取りが活発です。

特にIT営業は、案件が始まって終わるまでに多くの人と関わる事から、多数の人脈が形成できます。

IT業界の人脈は「宝」

IT業界は横のつながりが強く転職も盛んです。

理由としては、IT業界のスキルが横展開しやすい点があげられるでしょう。

A企業で身につけたスキルは、多くの場合B企業でも役立つので、IT業界内で活発に人が動いています

なので、人脈が将来的に仕事につながったり転職に役立ったりする事が多く、まさにIT業界の人脈は宝であると言えます。

IT業界は非常に転職しやすいので、そちらについては下記にまとめています。

Digital Sales

IT業界の営業が転職する時のおすすめ転職方法をご紹介。ヘッドハンティング、リファラル採用、エージェント経由等様々な手法か…

IT初心者→まず半年でOK

私の経験上、IT業界未経験者でも、半年働けば多くの人は普通に仕事をしています。

むしろIT業界は、未経験者の方が多い為、未経験を気にする必要は無いでしょう。

もしIT営業として働きたいならば、IT業界経験より営業経験の方が有利かもしれません。

未経験からのIT営業については、下記に詳しくまとめています

Digital Sales

未経験でもIT業界で営業として活躍することはできるのか?必要なスキルや、新卒でも大丈夫かなど幅広くご紹介。…

まとめ

改めて初心者がIT業界で学ぶならば、IT営業がおすすめである理由は、下記2点でした。

  • ニーズの見極めができる
  • 人脈が形成できる

大幅な年収アップが狙える業界でありながら、参入ハードルは低いのでIT業界はオススメです。

とは言え具体的にアクションを起こす人は100人いて1人程度でしょう。

0円で転職を成功させる近道

営業として転職するなら、転職エージェントから最新情報を引き出せるだけ引き出した方がお得です。

転職エージェントは、企業からお金をとるビジネスモデルなので、転職希望者は完全無料でサービスを受けられます。これを使い倒さない手はありません。

Sponsor
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IT業界で働く「営業」応援サイト

IT業界で輝く文系代表「営業」を応援するサイト「デジタルセールス」。実体験をもとにキャリア、収入、ヘッドハンティングなどの情報を余すことなくご紹介。最新情報はTwitterをチェック。