IT営業

【IT営業とは】仕事内容、スキル、やりがい、キツさ、未経験等すべて解説!!

IT営業とは?

IT営業

昨今ITやデジタル技術の発展と共に、IT人材の需要が急激に高まっています。

その中でも、IT企業の販売職であるIT営業の需要が急激に高まっています。

しかし、IT企業の営業と言われても、どんな仕事かピンとこない時は、下記のように販売する「モノ」や「サービス」をイメージすると良いでしょう。

・システムの販売
・ソフトウェアの販売
・WEBサービスの販売
・デジタルマーケティングの支援
・WEBサイトの販売
・デジタルコンテンツの販売
・IT機器の販売
・ITコンサルティング

上記のように、ITやデジタルを主軸としたビジネスの「販売」を担う職業がIT営業です。

IT営業の魅力

そんな、IT営業を仕事にするメリットは3つあります。

  1. 成長産業
  2. 給与水準が高い
  3. 転職しやすい

そんな、今話題のIT営業について、実際の仕事内容や、必要なスキル、やりがい、労働状況等について、実体験を踏まえてご紹介します。

IT営業の転職情報収集は、エージェントから行うのがおすすめです。

IT営業の仕事内容は?

IT営業の仕事内容は

IT営業の主な仕事は、大きく分けると2つです。

  1. 顧客とのコミューニケーション
  2. 社内の調整 ※協力会社を含む

IT営業は、顧客から「信頼される窓口」であり社内をまとめる指揮者」でもあります。

顧客が本当に求めるものを理解し、社内や協力会社を巻き込んでITを使った解決方法を考える仕事です。

営業の仕事

関わる人が多い

IT関連のビジネスは関わる人、いわゆるステークホルダーが非常に多くなる為、多大な調整力が求められます。

全員の利益を最大化つつ、具体的な落とし所を見つけるプロである必要があります。

・顧客から信頼される窓口
・社内を調整する指揮者
・全員の利益を最大化するプロ

IT営業の営業先は?

IT営業の営業先は
IT営業は一体誰に営業をするのか、ポイントは企業の規模売る商材です。
大企業と中小企業ではアプローチ方法が違い、さらに売るIT商材によってもアタックする部署が違います。
こちらについては詳しく下記にまとめています
Digital Sales

IT企業の営業は、誰に営業をかけるのか、システム部?総務部?企画部などの疑問を解消。大企業、中小企業の企業別アプローチの…

IT営業の魅力的なスキル

IT営業で身につくスキル

IT営業を通して身につく、魅力的なスキルは多くあります。

代表的なスキルをピックアップすると下記のようなスキルが挙げられます。

・経営・ビジネスの理解
・IT・デジタル知識
・ヒアリング力
・調整力
・ロジカルシンキング
・言語化力
・課題解決力
もう少し噛み砕いて説明します。

難しいものを簡単に表現するスキル

難しい事を簡単に表現するスキル

ITやデジタルについて、全ての顧客が詳しい訳ではありません。むしろ日本人は苦手な人の方が多いでしょう。

そのような、難しい知識や技術を簡単な表現に変換するスキルがIT営業には必要となります。

知識自慢ではなく、相手の知識レベルに合わせて柔軟に話すレベルを切り替える事が求められます。

ロジカルな課題解決力

ロジカルな課題解決スキル

ITという分かりにくいサービスを買ってもらうには、それ相応の説得力ある説明が必要です。

御社の課題は○○です、なぜなら根拠①、根拠②、根拠③だからです、なので〇〇を導入するとこんな効果があります」という論理的(ロジカル)な説明が求められます。

説得力のある説明が無いと、無形商材であるデジタル商材は売れにくいのです。

さらに詳しくはこちら

Digital Sales

IT業界において「売れる営業」と「売れない営業」の違いはコンサルティングできるかどうか。物売りと言われるプロダクト営業と…

ヒアリング力

ヒアリング力

ビジネス課題を特定するためには、まず顧客にヒアリングを実施しなければなりません。

ただし、話すのが得意な顧客ばかりではありません。さらに言うと自分の課題が何なのか、分かっていない人の方が多いでしょう。

つまり、潜在する課題をヒアリングで引き出すスキルが必要となります。

・IT営業は多くのスキルが身につく
・難しい事を簡易化して伝えるスキル
・課題のヒアリングスキル
・課題解決スキル
・ロジカルに伝えるスキル等

IT営業はキツイ?

 

きつい

IT企業も数多く存在するので「会社による」というのが、正しい回答ですが、下記に一般的なケースをまとめます。

肉体的なキツさ

体より頭を使う仕事なので、肉体的なキツさは他の職業より少ないといえます。

あるとすれば、ベンチャーやスタートアップ等は、残業の多い企業も存在するので見極めが必要です。

精神的キツさ

IT業界は伸びている業界なので、数字目標は高く設定されることが多いでしょう。

ただし、目標がキツくて辞める人より、他に魅力的な条件の会社があるから転職する人の方が圧倒的に多い印象です。

そういう意味では、ITに関するスキルは潰しが効くので精神的なキツさも少ないかと思います。

IT業界のキツさや残業に関しては下記にさらに細かくまとめています

Digital Sales

IT業界の営業はきつい?激務?それともキラキラ系?あまり情報が無いIT業界の営業の働き方のリアルを実体験を元に御紹介。残…

未経験からのIT営業は?

未経験からのIT営業は

結論から言うと、未経験からIT営業への転職は可能です。理由は下記3点。

  • 他業界での営業経験が活かせる
  • エンジニアの経験も活かせる
  • 完全未経験でもキャッチアップで追い越せる

営業経験が活かせる

保険・証券・不動産・OA機器など他業種の営業職が、IT業界に転職してIT営業になる事は、非常によくあるパターンです。

むしろ新卒からIT営業一筋の人は少なく、何かしら営業経験を積んだ人が多い印象です。

本質的な、顧客を理解し自社を動かす能力はIT業界で流用できます。

エンジニア経験も活かせる

ITに詳しいエンジニアからの転職も有効です。専門的なスキルを活かしてプリセールス等に転身する人も多いでしょう。

コミューニケーション力を鍛えれば、エンジニアからの方が優秀な営業になれる可能性があります。

完全未経験でも追い越せる

営業経験も、エンジニア経験も無い方も大丈夫です。

IT業界は技術やテクノロジーの変化スピードが早く、今の知識が来年使えない事など往々にしてあります。

つまり、そういったIT関連の最新技術にアンテナを張り、しっかりキャッチアップすれば、不勉強な営業をすぐに追い越せます

未経験からのIT営業については下記にさらに詳しくまとめています

Digital Sales

未経験でもIT業界で営業として活躍することはできるのか?必要なスキルや、新卒でも大丈夫かなど幅広くご紹介。…

IT営業に資格はいるの?

基本的に資格は不要です。

ただし有利な経歴などもあるので、詳しくは下記にまとめています。

Digital Sales

IT業界の営業に有利な資格は?履歴書で好まれる経歴とは?新卒〜転職者までIT業界で活躍するために必要な要素をご紹介。…

IT営業に転職するには?

IT営業に転職するには

IT営業に転職するには、いくつかの方法があります。

  1. ヘッドハンティング
  2. リファラル採用
  3. エージェント経由
  4. 直接応募

IT業界は人手不足なので、あらゆる業界の優秀な人材を引き抜こうと、ヘッドハンティングも活発です。

また、リファラル採用という社員紹介制度もIT業界ではスタンダードと言えるでしょう。

IT営業のおすすめ転職方法に関しては、下記により細かくまとめていますのでどうぞ

Digital Sales

IT業界の営業が転職する時のおすすめ転職方法をご紹介。ヘッドハンティング、リファラル採用、エージェント経由等様々な手法か…

0円で転職を成功させる近道

営業として転職するなら、転職エージェントから最新情報を引き出せるだけ引き出した方がお得です。

転職エージェントは、企業からお金をとるビジネスモデルなので、転職希望者は完全無料でサービスを受けられます。これを使い倒さない手はありません。

IT営業の職種は?

冒頭で述べたように、IT営業と言っても様々な職種があります。

代表的な職種は下記7つでしょう。

  1. Sler系(エスアイアー)
  2. ソフトウェア系
  3. デジタルマーケティング系
  4. WEBサイト制作系
  5. WEBコンテンツ系
  6. IT機器販売系
  7. SES系

すべてIT営業ですが、売るものが違えばその性質も異なります。

詳しくは下記に纏めています。

Digital Sales

IT営業とは、何を売っている職業なのか、7つの職種に分類します。Sler系(エスアイアー)、ソフトウェア系、デジタルマー…

新規顧客開拓は?

新規顧客開拓に関しては、IT業界の中でも業種によってアプローチ方法が違います。

よくあるパターンとしては、下記3パターンです。

  • アウトバウンド型
  • インバウンド型
  • パートナー型

アウトバウンド型

アウトバウンドとは、営業から顧客にアプローチして顧客開拓する手法です。

当たり前のようですが、営業がアタック先を見極め、電話、メール、ときには飛び込み営業で仕事を取りに行きます。

ただし、実際IT営業において、完全なアウトバウンドは非効率なため減少傾向と言えます。

今どき、飛び込み営業で継続的な利益を上げる事は非常に難しくなっています。

インバウンド型

こちらは、反響営業とも呼ばれる営業手法で、顧客から企業に問い合わせが来るように仕掛けるマーケティング手法です。

例えば、オフラインならチラシ、CM、電車広告等、オンラインならデジタル広告、ウェビナー等が起点となります。

それらのマーケティング施策に興味をもった顧客に対して、営業がアプローチする手法であり、さらに詳しくは下記に纏めています。

Digital Sales

反響営業と飛び込み営業の違いを徹底解説。問い合わせや資料請求をベースに、興味のある顧客に対する営業(接客)をする反響営業…

また、反響を得る方法として今最も効率的なのはデジタル広告です。

こちらも詳しくは下記に纏めています。

Digital Sales

インターネット広告(デジタル広告)を学ぶポイント3点を徹底解説。リスティング広告、SNS広告、YouTube広告などをタ…

パートナー型

パートナー型は、パートナー企業や代理店、親会社などが顧客から仕事を取ってきて紹介をもらう手法です。

例えば、大企業の大規模システム構築等は、日立、富士通、NEC、アクセンチュア等大手SI企業しか受注できない事がほとんどです。

中堅のIT企業は、それらの企業から案件の紹介を受け、在籍する営業が改めて要件を取りまとめ社内を動かします。

新規開拓は行わず、顧客対応をメインで実施する営業手法です。

IT営業のやりがい

IT営業のやりがいを大きく分類すると3つです。

  1. 報酬
  2. 仕事
  3. 人脈

報酬

IT業界は伸びている業界なので、大きな報酬を得るチャンスも相応に存在します。

もちろん年収10000万円プレイヤーのサラリーマンも多数存在しています。

特に、IT業界は転職が非常に簡単なので、転職をうまく活用しながら年収を上げていくスタイルが非常に有効です。

仕事

IT営業は、ITを使って顧客のビジネスを成長させる事ができる仕事です。

システムやデジタルマーケティング等のポテンシャルは非常に大きいですが、使いこなせなければ意味がありません。

顧客と二人三脚で、ITを使ってビジネスを変革する事に面白みがあります。

人脈

IT営業は、関わる人が多いため非常に幅広い人脈が形成できます。

顧客はさる事ながら、IT業界の同僚も将来の大きな資産になります。

特にIT業界内での転職も盛んなので、昔の同僚が思わぬ企業で活躍している事もしばしばあります。

さらに詳しくは下記に纏めています。

Digital Sales

IT営業の「やりがい」について、報酬面、仕事面、人脈面、スキル面から徹底解説。成長産業でやりがいを感じ続けられる人とは、…

IT企業の内勤営業

IT営業といっても、全てが訪問型とは限りません。

昨今非常に注目を集めているのは、内勤営業スタイルです。

インサイドセールスとも称されるこの内勤営業は、訪問は行わず反響に対してメールや電話で営業を行います。

ITは好きだけど、訪問は苦手な方や、在宅勤務を希望する人にはうってつけです。

詳しくは下記に纏めています。

Digital Sales

今注目度が急上昇している内勤営業やインサイドセールスについて徹底解説。生産性の高い内勤営業を増やして、見込み顧客を獲得、…

ITベンチャーはどうなの?

IT企業といえば、ベンチャー企業やスタートアップ企業を思い浮かべる人も多いでしょう。

実際、ITでビジネスを始めるのは非常に簡単で、少ない投資で事業が始められる事からITベンチャーは無数に存在します。

勢いのあるITベンチャーでは、非常に多くの有益な経験を積めるだけではなく、場合によっては上場時に大きな富を築く事も可能です。

その反面、IT営業の担当範囲が広かったり、残業の多い会社も存在するので注意が必要です。

こちらも詳しくは下記を参照

Digital Sales

ITベンチャー企業で働く営業の魅力をご紹介。忙しさは?給料は?キャリアアップは?実際のITベンチャー営業へのインタビュー…

外資系IT企業は?

ITが強い国といえば、アメリカか中国でしょう。

特にGAFAをはじめとするアメリカ系のグローバルIT企業の多くが日本でも展開しています。

そんな外資系IT営業は、高い報酬(インセンティブ)で優秀な営業をかき集めています。

自身のキャリア次第では、外資系IT営業も非常に魅力的な選択となりますので、詳細は下記を参照してください。

Digital Sales

外資系IT企業の営業とはどんな仕事なのか、実例をもとにご紹介。高収入、インセンティブ、成果主義など外資系IT営業のリアル…

IT営業の副業は?

IT営業は、副業スのスキルが高い職種です。理由としては下記3点

  • ITビジネスの拡大
  • 初期投資の少なさ
  • IT知識の希少性

ITビシネスの拡大

ご存知の通り、ITを活用したビジネスはここ数年で急拡大しています。

メルカリ等のメガビジネスから、個人単位でのECまで様々です。

世の中にITが浸透しており、その勘所に詳しいIT営業は、ITを使ったスモールビジネスの立ち上げに向いています。

初期投資の少なさ

いまや、ホームページやアプリは個人が無料で作れる時代となりました。

非常に小さな初期投資で、IT関連の副業ははじめられます。

IT知識の希少性

IT営業の持っているIT知識は非常に価値があります。

特に難しいITを、噛み砕いてわからない人に伝えるスキルは営業ならではと言えます。

それだけでも、企業コンサルや、セミナー、YouTube、ブログなど様々な副業先があるでしょう。

さらに詳しくは下記に纏めています。

Digital Sales

「転職」と「副業」を活用して、年収アップする方法。文系職(営業・マーケティング等)を軸にITを業界を本業にし、「本業でI…

まとめ

今IT営業は、非常に求められており転職もしやすい職種です。

自身のキャリアアップ、スキルアップ、年収アップを同時に狙える魅力的な職種と言えるでしょう。

ぜひ一度、転職エージェントからさらなる情報収集する事をおすすめします。

Sponsor
IT営業
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IT業界で働く「営業」応援サイト

IT業界で輝く文系代表「営業」を応援するサイト「デジタルセールス」。実体験をもとにキャリア、収入、ヘッドハンティングなどの情報を余すことなくご紹介。最新情報はTwitterをチェック。